前へ
次へ

腰痛が楽になったらコルセットは外す

腰痛で整形外科に足を運びますと、コルセットが渡される事があります。腰回りをカバーしてくれる大型のベルトで、物を持ち上げる時に装着している方も少なくありません。実際、コルセットを装着しておけば、腰痛になった時でも楽に動く事ができます。ただコルセットに頼りきるのも、あまり望ましくありません。ある程度は症状が改善された時に、コルセットは外す方が良いでしょう。確かにコルセットを付けておけば、物を持ち上げるのも楽になります。腕や足だけでなく、コルセットで物を支えることもできますし、とても楽です。しかしコルセットに頼る生活が長引いてしまうと、腰も弱くなってしまう傾向があります。腰周辺の筋肉が痩せてしまうからです。そもそも腰が痛くなるのを防ぐためには、筋肉を鍛えてあげる必要があります。ある程度は症状が楽になったら、やはりコルセットは外す方が良いでしょう。外すタイミングは、整形外科の医師に質問するのが一番無難です。

Page Top