前へ
次へ

どれくらいの予算でトイレリフォームできるか

トイレのリフォームを行う時、どれくらいの予算ならどんなことができるのか理解しておくことは重要です。
10万円未満であれば、高齢者が座りやすいように手すりをつけることや便座自体を交換するだけであれば可能となっています。
ウォシュレットは販売している価格によって多少変動しますが、10万円未満でも可能な機種は存在しているため、希望する場合にはあらかじめ確認しておきましょう。
壁紙クロスや床材の張替えはDIYで行うと非常に安くなりますが、その分デメリットもあるため、注意してください。
トイレ本体と壁・床材など内装込みで工事を行う場合であれば、20万円未満となっています。
手洗い機を増設する場合、市販の量販品であればそれほど費用はかさみません。
とくにシンプルな物であれば費用は割安となるでしょう。
和式から洋式に変える場合には50万円程度かかります。
ただし、入れ替える便器のグレードによっては、多少価格が変動するでしょう。
どんなトイレのリフォームをしたいのか、あらかじめ情報を把握して利用することで、満足できる結果につながるでしょう。

Page Top