前へ
次へ

階段リフォームを考える時のポイント

ちょっとしたポイントであっても、正しく工事を行うことが大切とされているのが、階段です。
階段の工事に対しては、簡単なリフォームであっても家族全員の安全がかかっています。
そのため、安全性に納得出来る工事を行うことが必要です。
怪談には複数の種類があり、まっすぐな階段・途中でL字型になっている階段、U字やコの字になっている階段、螺旋階段といった部分です。
どの階段となっているのかはその家の間取りによって異なりますが、家族の安全性を考えた場合、勾配が急ではないか、階段1段1段が上りやすいかどうかが最優先のポイントとなるでしょう。
また、階段の幅は人が通りやすいかどうか、判断しておくことも必要です。
高齢者や小さなお子さんがいる場合、階段から落ちてしまうことがないよう、1段の幅を少し細くしてあがりやすくする選択肢や、足元を明るくして滑って転んでしまわぬようにすることが必要です。
また、高齢者向けや子供向けの場合、手すりを着けるリフォームを行うだけでも、階段の上り下りがとても楽になるため、参考にしてください。

Page Top