前へ
次へ

リフォームは面倒だけどケチってはならない

近頃はリフォームという単語に加えてリノベーションという単語が出てきています。
似たような意味の単語ですが、リノベーションはリフォームのうちの1つで、間取りなどを変更して家の内外な外見をそっくり変化させてしまうことを意味します。
いずれにしても中古になってしまった建物を見た目きれいに快適に改装していることに変わりはありません。
さてそのリフォームは世間の感覚では家の内装の改装だけをイメージしがちで、外壁塗装や屋根塗装や取り換えはイメージしていない人もいるかもしれません。
しかしその家の外側の部分の工事も大事にしていないと直接雨風直射日光にさらされる部分なので、放置していると急に劣化して家そのものが崩壊しかねません。
これらの工事で大事なことは特に家の外側の部分はお金をケチってはならない点です。
あまりケチると工事の品質もおろそかになってしまい、手抜き工事の典型となりかねないからです。
家の内側の工事をする際には工事時期などにも留意するなども考慮しないとなりません。
特に風呂場などを工事する場合は、2から3週間くらい使えませんので、その間ずっと風呂に入れないからです。
これが夏場だと汗かいてうっとおしくて苦しい生活になりますが、冬場の工事だと毎日入浴しなくてもある程度やってられる時期なので夏場ほど苦しくはならなくて済みます。

Page Top