前へ
次へ

腰痛の原因について考えてみましょう

腰痛は病名ではありません。これは、身体の状態の一つです。身体に表れる症状のことです。この症状は、腰自体の症状だけでなく、生活習慣やストレスなどが原因である場合もありますし、それ以外の深刻な病気が隠れている場合がありますから慎重な対応が必要です。日常生活を見直してみて、何かしらの問題が無いかを検証してみるのも良いでしょう。具体的には睡眠時間、仕事などでのストレス、食生活などを見直すのも良いでしょう。腰痛が起こる原因はこのように様々な原因が関係しているため、治療が難しいと言えるでしょう。この様な身近な原因だけでなく、病気である場合もあります。代表的な病気としては椎間板ヘルニアです。それ以外にも、骨粗しょう症などが原因の場合もあります。これらは背骨の神経が圧迫される病気です。腰痛には、背骨に関係する病気以外にも、内臓の病気が隠れている場合があります。肝臓、腎臓などの病気だけでなく、女性の場合は子宮や卵巣などの病気のサインと言うこともありますので、治りにくい場合には慎重な対応が必要でしょう。

Page Top