前へ
次へ

腰痛は意外と原因がわからない

病気には色々と原因があるものではありますが、腰痛に関しては意外とはっきりとしないことがあります。例えば具体的にぎっくり腰になったとかいうのであれば運動なり動かしたときに、ということになりますがそうではなくてなんとなく痛みが出てきたなんてことになりますとどうしてもわからないことがあります。それはさておくとしても基本的には痛みを緩和させることは可能です。これは痛み止めもありますし、或は鍼灸治療といったものもあるでしょう。炎症による腰痛というのもあります。この場合はあまり動かすということがお勧めできることではないです。この場合は冷やすべきか、それとも温めるべきか、といったことの違いがありますから、よくよく考えるようにしましょう。痛みの質によっても違うのですがストレッチなどをするということによって良く改善できたりということがあります。但し、外傷性の腰痛のときには注意です。こうしたときに動かさないことが基本となります。

Page Top